top of page

記事

DJI Mic 2 のファームウェアアップデート(2024/01/31)

ファームウェア:v04.03.08.31


新着情報

  • デフォルトで有効になるトランスミッターの自動オフ機能を追加しました。有効にすると、どのデバイスにも接続されておらず、独立した録画が有効になっていない場合、トランスミッターは15分間使用されないと自動的にシャットダウンします。

  • ボタンによるノイズリダクションを追加しました。デフォルトで有効になっています。有効になっている場合、電源ボタンを押してノイズリダクションを有効または無効にします。

  • iPhone 15シリーズとの互換性を追加し、モバイルデバイスアダプター経由で携帯電話に接続した際に充電しながら使用できるレシーバーをサポートしました。

  • 使用中のシステムの安定性を最適化しました。

  • 修正された問題: 内部録音が有効になっている間、送信機がBluetoothモードに切り替えることができない問題。

  • 修正された問題: Bluetoothデバイスに直接接続した場合、トランスミッターがLED情報を通じて内部録音とノイズ低減のサポートを誤って示していた問題。

  • いくつかの既知の問題を修正しました。


注意

  • 新しいファームウェアが利用可能な場合は、送信機と受信機を 1 台ずつコンピューターに接続してファームウェアを更新します。


ファームウェアアップデートの方法

  • 製品ページ(www.dji.com/mic-2/downloads)からファームウェアをダウンロードしてください。

  • 付属のUSB-Cケーブルを使用して、トランスミッターまたはレシーバーをコンピューターに接続します。 コンピュータに接続する場合、レシーバーはオフ状態である必要がありますが、トランスミッターはオンまたはオフのどちらの状態でも構いません。

  • ダウンロードしたファームウェア アップデートパッケージの「.bin」ファイルを、トランスミッターまたはレシーバーのルートディレクトリに配置します。

  • コンピュータから切断すると、レシーバーは自動的にアップグレードを開始し、アップグレードプロセス中に画面に「更新中」と表示されます。アップグレードを自動的に開始するには、トランスミッターの電源を入れる必要があります。アップグレードプロセス中、システムステータスLEDが赤と緑に交互に点滅します。

  • アップグレードが完了すると、レシーバーでファームウェアのバージョンを表示して、最新のファームウェアに正常にアップグレードされたことを確認できます。

  • ファームウェアのアップデートに失敗した場合は、ファームウェアを再度ダウンロードし、レシーバーまたはトランスミッターを再起動して、上記の手順を繰り返します。ファームウェアのアップデートが完了したら、レシーバーのファームウェアのバージョンをチェックして、ファームウェアが正常にアップデートされたことを確認します。

  • 電源を入れてもトランスミッターのファームウェアが自動的に更新されない場合は、レシーバーのタッチスクリーンで自動録画を無効にするか、トランスミッターをレシーバーに接続した後に送信機の内部録画を手動で停止します。


dji mic マイク 動画 空撮 ドローン

bottom of page