s03.jpg

インフラ、建築物や設備等を3次元データとして可視化し、関係者間でのイメージ共有や点検及び診断、設計施工の迅速化と省力化、保守・運用業務の記録の一元化、遠隔化や効率化、高度化が実現できます。

ドローンを使用した

建築物・インフラ点検及び計測

◆高解像度カメラ(4500万画素)を用いた撮影
◆23倍光学ズームカメラを用いた撮影
◆グリッド撮影
◆赤外線サーマルカメラを用いた建物外壁診断及び漏水診断

ドローン及び地上レーザースキャナーを用いた3次元データ取得

◆空中及び地上からの3Dモデル化サービス
◆ドローンで撮影された画像からフォトグラメトリで3Dモデルを作成
◆ドローンで撮影された画像からフォトグラメトリで3次元点群データを作成
◆地上レーザースキャナーを用いた3次元点群データ作成

スクリーンショット 2021-05-25 192836.png

業務事例