top of page

記事

DJI TERRAのファームウェアのアップデート(2024/01/18)

DJIが、オールインワンマッピングソフト DJI Terraのアップデートをリリースしました。


Version: 4.0.0


新しい機能

  • LiDAR点群再構成ミッションの等高線生成をサポートします。

  • LiDAR点群再構成ミッションのプロファイル機能測定とグリッドラインをサポートします。

  • LiDAR点群再構築ミッションの点群有効距離範囲の調整をサポートします。

  • 可視光再構築ミッションにおける果樹シナリオのウェイポイントの追加と削除をサポートします。

  • 可視光再構築ミッションにおける果樹シナリオの2D再構築出力の DJI Agras 管理プラットフォームへのアップロード、または DJI Agras アプリへのエクスポートをサポートします。

  • 可視光再構築ミッションでの3D再構築のための DJI Modify との連携の有効化をサポートします。

  • 可視光再構成ミッションで航空三角測量 XML 出力にタイポイントを生成するかどうかの選択をサポートします。


更新内容

  • LiDAR点群再構築ミッションのメモリ占有を最適化しました。 64 GBの空きメモリにより、15回のフライトで収集されたデータを処理できます。 元のファイルが約120GB、元の点群サイズが約 60GBの場合、v3.9.4と比較して点群再構成効率が約3倍向上します。

  • LiDAR 点群再構築ミッションにおけるノイズ低減効果を最適化し、複雑なシナリオの下で再構築出力に時折存在する集合的なノイズを低減します。


修正内容

  • v3.8.0で点群モデルをスケーリングするときにユーザーがプロファイル機能に入れない場合がある問題を修正しました。

  • v3.9.4でLiDAR再構築を実行するときにログファイルのサイズが大きすぎる問題を修正しました。

  • v3.9.0の可視光再構成ミッションでクラスター計算のために同じコンピューター上で複数のワーカーデバイスを有効にした場合の再構成効率が低い問題を修正しました。


注意

  • DJI Terra v3.8以降のバージョンでは、公式Webサイトから無料トライアルライセンスを使用し、LiDAR点群再構築で有料機能を実行する場合、インポートされるファイルの最大数は8GBを超えることはできません。

  • DJI Terra v3.9 以降のバージョンの場合、ユーザーはライセンスを取得するためにNVIDIAグラフィック カードを搭載したコンピューター デバイスを使用する必要があります。

  • DJI Terra v4.0.0以降のバージョンでは、6.1以上のコンピューティング能力を持つNVIDIAグラフィックス カード (4GB メモリ) を使用することをお勧めします。

  • DJI Terra v4.0.0以降のバージョンでは、DJI Terraが3日間オフラインになると、オンラインライセンスは使用できなくなります。



dji drone ドローン sfm terra 点検 レーザー 点群

bottom of page