top of page

記事

2022年12月5日、改正航空法の施行に伴い無人航空機の国家ライセンス(免許)制度が始まります

無人航空機操縦者技能証明(ドローンの国家ライセンス)制度がいよいよ12月5日から始まり、「レベル4」飛行が解禁されます。

​「レベル1」…目視できる範囲・操縦飛行 「レベル2」…目視できる範囲・自動 自律飛行 「レベル3」…目視できない範囲・無人地帯 「レベル4」…目視できない範囲・有人地帯

「レベル4」飛行を実現するために新たに導入された制度が、

『機体認証制度』及び『操縦ライセンス制度』です。



『機体認証制度』とは、

無人航空機(ドローン等)の機体そのものの安全性を確保するための制度です。


『操縦ライセンス制度』とは、

無人航空機を操縦する人が運航に必要な技術や知識があるかを証明するための制度です。


「レベル4」飛行を実現するためには、

使用するドローンが国の認証を受けた無人航空機であること。加えて、学科試験、実地試験、身体検査が課され、これに合格して一等国家資格を取得た人が晴れて「レベル4」飛行を実現できることとなります。



当センターにおいては、一等資格と二等資格を取得するための資格取得コースを準備し、来年2023年1月にスタートする予定です。

※すでに当センターは、国土交通省に登録講習機関として認められております。



国家ライセンス取得コースの詳細はこちらから



Commentaires


bottom of page