STM for sUASを導入しました

アメリカ標準化機関(NIST)が提唱するドローン評価方法であるSTM(Standard Test Methods) for sUASを導入しました。

導入した背景としましては、

ドローンスクールでの実技講習では必要最低限の技術習得を目的としており、必ずしも実践で活用できる十分なスキルを持ったパイロットを育てることが出来ないことにあります。

現場飛行作業で事故が起こらないよう、日頃の訓練はとても重要で、また訓練やスキルの評価基準を明確化し操縦技能者のスキルを可視化、定量化することでより安全に操縦できるようになります。

実技訓練用のグラウンドで評価飛行も出来ます。

お問い合わせお待ちしています。