top of page

記事

DJI Ronin 4D ファームウェア更新のお知らせ(2022/9/1)

ファームウェア: v01.04.0100

ビデオトランスミッターファームウェア: v01.04.0100

高輝度リモートモニターファームウェア: v01.04.0100

ユーザーマニュアル: v1.2


更新内容:

・ProRes 4444XQ および ProRes 422LT レコーディングのサポートが追加。

・外部タイムコードジェネレーターと3.5 mmマイクポートを介してJam Syncを使用するためのサポートが追加。

・DJI Ronin 4Dハンドグリップマウントユニバーサルアダプターを使用するためのサポートが追加され、Ronin-S外部GPSモジュールに接続して、Ronin 4D で高速で旋回する際の安定性を向上。

・HDMIポートを使用してクリーンなHDMIフッテージを出力するためのサポートが追加。

・4K での録画時に最大4K 4:2:0 60fps HDMI映像を出力するためのサポートが追加。

・右側のグリップを使用して、Eマウントマニュアルズームレンズでフォーカスモーターを制御するためのズーム制御を追加。

・内部タイムコード付きの出力信号と、HDMIポートを介した記録トリガー信号のサポートが追加。

・ダブルクリックのズームインによるフォーカスアシスタントのサポートが追加。

・高輝度メインモニターのアナモルフィックディスプレイデスクイーズに対するサポートが追加。

・再生時にフレームガイドとセーフティゾーンを追加。

・再生使用時の単一フッテージの自動サイクルが追加。

・ActiveTrack の速度設定が追加。

・右手のグリップを使用したメニューコントロールのサポートが追加。

・高輝度リモートモニターのジンバル3軸モバイルデータのリアルタイム読み取りが追加。

・ProResメタデータに読み込まれる35mm相当の焦点距離情報が追加。

・修正された問題: オートチューンを実行すると、ノイズが大きくでる問題

・修正された問題: ロックモードでZ軸を使用して傾けると、Ronin 4Dが高周波で揺れる問題。

・修正された問題: ジンバルの再起動後に、REC Runモードでプリセットされたタイムコードがリセットされる問題。

・修正された問題: Eマウントレンズで内蔵NDに切り替えると、ノイズが大きく出る問題。

・修正された問題: 右手のグリップを使用して手動レンズでアイリスを調整すると、カメラが再起動する問題。


注意事項:

・ProRes 4444XQ 、DJI PROSSD にのみ保存できます。

・ProRes 4444XQ を選択すると、HDMI ポートへは信号を出力できません。

・ProRes 4444XQ ビデオを6K/48fpsまたは4K/96fps以上で録画する場合、最適なパフォーマンスを得るために、露出アシスタント、ピーク フォーカス、および LiDAR 波形が自動的に無効になります。

・3.5mmマイクポートを介してJam Syncを使用する場合、左チャンネルは使用できません。

・ファームウェアを更新する前に、すべてのアクセサリをRonin 4Dに取り付けます。

・DJI 3 チャンネル フォロー フォーカスを高輝度リモート モニターに取り付けて、ファームウェアを同時に更新します。



bottom of page