top of page

記事

DJI Mavic 3 Enterprise シリーズのファームウェア更新のお知らせ(2022/12/12)

機体ファームウェア:v05.02.05.06

送信機ファームウェア:v02.00.03.03

DJI Pilotアプリ:v5.2.1.3

DJI Assistant 2:v2.1.6


更新内容:

・送信機の確認ボタンを、C3ボタンにカスタマイズ指定できる機能が追加されました。機能は DJI Pilot 2 アプリでカスタマイズできます。

・最適化されたフライトタスク機能

①機体が飛行タスクで撮影中、送信機のボタンまたはダイヤルが、不意のタッチで飛行ルートに影響を与えないよう、写真やビデオの撮影、フォーカスやズームを制御します。

②マッピング タスクは、安全な離陸高度オプションのサポートを追加して、ルートの安全性を向上。


・修正された問題: 機体の降下速度が最大3m/sに制限。

・修正された問題: マッピングタスクで距離インターバルショットを写真モードとして使用すると、飛行タスクの飛行速度が制限される問題。

・デフォルトで、すべての写真形式でのPPKデータを保存する機能がMavic 3Eで追加。

・サイドバイサイドビューがIRカメラビューで有効になっている時、Mavic 3Tの温度を測定する機能が追加。

・マッピングタスク中に Mavic 3Tのライブビューを IRモードに切り替える機能を追加。

・サーマルカメラの損傷を防ぐため、Mavic 3Tに赤外線サーマルカメラセンサー焼付け保護機能を追加。

・Mavic 3Tの問題を修正: ウェイポイントフライト中に赤外線画像がぼやける問題。

・Mavic 3Tの問題を修正: 一部のシナリオにおいて、ライブビュー内で電線の表示が異常に見える問題。



Comentarios


bottom of page