top of page

記事

DJI Mavic 3 Enterprise シリーズのファームウェア更新のお知らせ(2022/11/15)

機体ファームウェア:v05.01.02.03

送信機ファームウェア:v02.00.02.10

DJI Pilotアプリ:v5.1.1.3

DJI Assistant 2:v2.1.4


更新内容:

・航空機のビジョンシステムを使用してリアルタイムフォロー マッピングを実行し、運用効率を向上させることができるリアルタイムフォロー機能を追加。

・ハイレゾグリッド撮影機能が追加され、ワイド画像とクローズアップ画像の両方が提供されます。

・オンライン上のジオイドファイルをダウンロードするための DJI Pilot 2 のサポートが追加されました。 ASTER GDEM V3 のオープンソース データをダウンロードすることで、ジオイド データベースを直接使用して Terrain Follow の DSM ファイルを取得できます。

・SD カードストレージの暗号化機能を追加して、メディア ファイルを安全に使用できるようにしました。 DJI Pilot 2 でセキュリティコードを有効にすると、SD カードに保存されたデータにアクセスするには、ユーザーが設定したセキュリティコードが必要になります。

・Payload SDK のカスタマイズされた開発のサポートが追加されました。

・DJI Pilot 2 でカスタマイズできるいくつかの飛行制御パラメーターへのアクセスを追加しました。

・最適化された基本的な飛行機能: GNSS が利用できない場合、機体の最大高度を 60 m に設定できます。

・問題の修正: リモコンとスピーカーの画面録画機能が同時にオンになっていると、録画の競合が発生する問題を修正。

・Mavic 3E に Smart Oblique機能を追加。2つの垂直な S 字ルートを計画し、3 方向に撮影することで操作効率を向上させます。

・曇りの日や夜間などの低照度環境での Mavic 3E のマッピング精度が向上しました。

・Mavic 3T に赤外線画像超解像機能を追加しました。これにより、低照度環境でより鮮明な赤外線画像をキャプチャできます。



留言


bottom of page