top of page

記事

DJI Matrice 300 RTK ファームウェア更新のお知らせ(2023/3/9)

機体ファームウェア:v06.01.01.00

送信機ファームウェア:v06.01.01.00

DJI Pilot2アプリ(Android):v6.1.2.3

D-RTK 2 モバイルステーション:v03.01.00.00 (D-RTK 2 Mobile Station: v03.01.00.00)

インテリジェント バッテリーステーション:v04.00.01.03

インテリジェント フライトバッテリー:v01.02.05.44

Zenmuse H20/H20T:v04.01.03.00

Zenmuse H20N:v05.01.01.00

Zenmuse P1:v04.00.02.05

Zenmuse L1:v04.00.01.06

Zenmuse Z30:v01.00.07.10

Zenmuse XT2:v01.00.03.50

Zenmuse XT S:v01.00.00.09

DJI X-Port:v01.03.02.00

DJI Skyport:v01.04.00.00

DJI Skyport V2:v01.03.02.00

DJI Assistant 2 (Enterprise シリーズ):v2.1.7


更新内容:

・航空機のGNSSとして、GPS+Galileo+BeiDouを使用するように更新されました。これにより、妨害環境での衛星の可用性と検索速度が向上します。


・Zenmuse L1を使用している場合、マニュアルフライトでIMUキャリブレーションのカウントダウンプロンプトを追加しました。


・スマートオブリーク、オブリーク、およびリニア飛行タスクでの地形追従のサポートが追加されました。


・現在の場所で飛行タスクを迅速かつ効率的に実行するために、飛行中に飛行タスクを実行する機能が追加されました。 飛行ルートアイコンをタップして、DJI Pilot 2アプリのカメラまたはマップビューで飛行タスクを作成または選択します。


・飛行の安全性を向上させるために、飛行タスクの安全離陸高度を設定する機能が追加されました。 このパラメーター設定は、航空機が離陸前に飛行タスクを実行する場合にのみ有効です。 機体が飛行中に飛行タスクを開始すると、安全な離陸高度は有効になりません。


・マップビューで領域を選択して、マッピングまたはオブリークのタスクを作成する機能が追加されました。 DJI FlightHub 2で計画されたマッピングエリアをDJI Pilot 2アプリに同期させた後、飛行ルートを生成するのに便利です。


・Maptilerからダウンロードした MBTiles形式のマップをインポートする機能が追加されました。 マップレイヤーは、DJI Pilot 2アプリでカスタマイズできます。


・DJI Pilot 2アプリのさまざまなモジュールでログをエクスポートする機能が追加されました。


・DJI Pilot 2アプリでネットワークセキュリティモードの暗号化を追加しました。 パスワードを設定すると、ユーザーはネットワークセキュリティモードを変更したり、パスワードを入力した後にのみ機能設定を調整したりできます。


・DJI Pilot 2アプリの最適化されたファームウェアアップデートプロンプト。


・ウェイポイントミッションの飛行タスク中に機体が誤ってホバリングすることがあった問題を修正しました。


・機体の2番目のジンバルポートに取り付けられたZenmuse H20Nを使用すると、夜景モードが正しく使用できない問題を修正しました。



Comentários


bottom of page