top of page

記事

DJI Matrice 300 RTK ファームウェア更新のお知らせ(2022/11/22)

機体ファームウェア:v05.01.01.00

送信機ファームウェア:v05.01.01.00

DJI Pilotアプリ(アンドロイド):v5.1.1.5

D-RTK 2 モバイルステーション:v03.01.00.00 (D-RTK 2 Mobile Station: v03.01.00.00)

インテリジェント バッテリーステーション:v04.00.01.03

インテリジェント フライトバッテリー:v01.02.05.44

Zenmuse H20/H20T:v04.01.03.00

Zenmuse H20N:v05.01.01.00

Zenmuse P1:v04.00.02.05

Zenmuse L1:v04.00.01.06

Zenmuse Z30:v01.00.07.10

Zenmuse XT2:v01.00.03.50

Zenmuse XT S:v01.00.00.09

DJI X-Port:v01.03.02.00

DJI Skyport:v01.04.00.00

DJI Skyport V2:v01.03.02.00

DJI Assistant 2 (Enterprise シリーズ):v2.1.4


更新内容:

・米国FAAのリモートID要件のサポートが追加

・オンラインジオイドファイルをダウンロードするためのDJI Pilot 2でのサポートが追加

・MapTiler オフラインマップのインポートとエクスポートのサポートが追加

・DJI Pilot 2 メッセージ通知のサポートが追加

・Zenmuse XT S、XT 2、および Z30 の最適化

・複数の PSDK ペイロードの最適化

・修正された問題: デュアル送信機モードを使用している場合、送信機の1つを使用して機体のディスクリートモードを無効にできない問題

・修正された問題: 初回使用時のミッションフライトにおいてカスタムカメラパラメータが適用されなかった問題

・問題の修正: バックグラウンドでアプリを実行している状態で HDMI ケーブルを再挿入した後、送信機がフリーズした問題

・機体のヨーを Control By RC に設定し、ミッション一時停止時にヨー角を調整すると、機体はミッション再開後も調整した角度で飛行を続ける問題


注意事項:

・米国でファームウェア更新されると、v04.01.00.00 以下にダウングレードすることはできません

・カスタム ネットワーク RTK を使用するユーザーは、機体のファームウェアを v01.00.02.14 以降に更新する必要があります

・ファームウェアが更新されると、機体はファームウェア バージョン v01.00.02.11 以前に戻すことはできません。

・機体、送信機、バッテリー、D-RTK 2 モバイルステーション (使用している場合)、ペイロード (使用している場合) が最新のファームウェアバージョンに更新されていることを確認してください

・Zenmuse Z30、XT S、XT2、L1、P1、または H20/H20T/H20N を更新するには、公式 Web サイトから最新のファームウェアを microSD カードにダウンロードします

・オフライン アップデートを使用するには、DJI Pilot アプリを v3.0.1.4 以降にアップデートする必要があります



Commenti


bottom of page