DJI H20Tを用いた撮影条件の違いによる比較検証を行いました(DJI M300RTK+H20T)

県内某宿泊施設にて、赤外線建物診断技能士の資格を持つスタッフが、設計事務所さま立ち会いのもと、撮影条件の違いによるサーモグラフィの温度分布の現れ方の比較検証を行いました。

撮影条件によっては、実際には問題のある外壁であっても、タイルの浮きや漏水箇所の診断が出来ない場合があります。

その違いを設計事務所さまに見てもらい、正確な診断には様々な撮影条件があるということを把握していただきました。